夢うつつ

自分のこと、好きなもののこと、気になることをぽちぽちと

嫌だよ

そろそろこの気持ちに蹴りをつけたい。
その一心で生きてます。
どうも。

色々悩んだんです。
どういう風に思うか。
どういう風に捉えるか。
ガセだと信じたい。でも、本当かもしれない。
もうわからなくなってきちゃった。
でもよく考えたらこれって私の問題なんです。
気持ちの持ち方とか捉え方とか。
数日間色々読んで色々見て。

その結果。
今の時点で嘘かもしれなくても受け入れる用意をしていく決意をしました。
ただ、私の中で認める線引きを決めました。
それは「翔くんが私たちファンにきちんと報告をするかどうか」。
思い返せば、私が好きになる人って結構好きな人がいたり彼女がいたりしたんです。
その人たちをちゃんと祝福できるようになったのって何がきっかけだったかなって思って。
私がその人から彼女ができたって報告されるだけじゃ駄目だった。
そうじゃなくて、その相手がいかに私の好きな人のことを大事に思っていて幸せにしてくれて、
そして好きな人が相手を大事に思っているかを示してくれないと諦めをつけるというか、祝福することができなかった。
報告受けたりきっと彼らなら大丈夫だ、って思うまではいつもどんな相手でもよく思うことはできなかった(酷い奴だ…)。
今回の件もきっと同じ。
もし、本当に翔くんが相手のことを大切に思っているなら、そして相手が翔くんを幸せにしてくれる保証があるならきちんと示してほしい。
私が納得できるようにみんなの前で堂々と紹介、説明してほしい。

じゃないと私は幸せを願えないしそれまでは徹底的に相手を嫌います。
相手は誰であっても私は嫌う。
私が幸せにするとか思っているわけではないし付き合えるとかは到底思ってません。
でも、アイドルって夢を売ってる。
夢を売ってるアイドルに彼女や妻は正直要らない。
望んでない。
アイドルの消費者である私たちはそんなことを最初からは言わないけど、言わないだけで実は大前提だと思う。
付き合うこと、結婚すること、人を好きになること、愛することは否定しません。
だけどそれってアイドル失格までとは言わないけれど、素敵なアイドルではないんじゃないかな?
そう思ってしまいます。
こんな気持ちを持ってる私は異常だとは思ってないし普通のことだと思っています。

今の状態だと、ファンがどんな風にとらえているにしろ傷つけていることには代わりはない。
食べ物が喉を通らなくなってしまった人や顔を見れなくなったり声を聞けなくなったりしてしまった人、病気になったり再発したりした人もいたかもしれない。
夢をのせて、人を元気づけて、人を奮い立たせる翔くんは自分の消費者を傷つける行為をすることは自分の身を滅ぼしてしまうことであるときっとわかっている。
だからこそ。
はやくこの件を片付けてください、お願いします。

何度も書くけど、今のままなら私は女性を嫌うし徹底的に二人の破局を願います。
私が願うのは翔くんの幸せです。
翔くんは私たちファンの夢をのせて希望をのせて奮い立たせてくれるヒーローなんだからヒーローとしての責任を全うしてくれるように願います。

また思うことがあれば近々お邪魔するかも。

やっぱり私は彼が好き

どうも。

 

やっぱり書かないと気が済まない。

 

いや、あのね。

受験終わって、日曜は思いっきりDVD観ようと思ってた。

けどそれどころじゃなくなっちゃった。

 

正直ね、受験落ちるよりもつらいと思う。

受験ならまだチャンスあるし、駄目だったらまた挑戦できるし、その道じゃなくても生きていける。

でもさ、でも。

彼は一人しかいなくて、彼が結婚してしまったら、もう。

最初から私は付き合えるとか思っている幸せな頭じゃなかったけど。

それでも、きっと叶わない恋のようなものだったんだと思う。

(過去形で書いたけどちゃんと現在形で好きよ?)

 

最初は驚いた。

まじか。って。

実は昨日通話した人と「翔くんの熱愛とか出たら~」みたいな話をしてたの。

あと、いつもクラスのジャス民の子と、自担の熱愛とか結婚出たら駄目かも。って話もしてるし。

でもさ、それはある意味「仮定」の話だったのさ。

私は彼はリア恋枠に当てはまるような人ではないと思ってた。

だからアイドル櫻井翔が好きだと思っていて、

でもキラキラしていない彼も、

真面目な彼も、

キラキラ輝いて歌っている彼も、

何をしていても結局好きだったわけです。

リアルにいたら好きになっても疲れちゃうかな~とかさ。

色々考えてはみた。

でもある意味それは「理由づけ」だったんだなって今ならはっきりわかる。

何をしててもやっぱり好き。

だから傷つく。

信じたくなかった。信じてなかった。

でもきっとこれは黒に近いグレーで。

相手の人はとても素敵な人だと思う。

戦おうとも思ってないし、負けたとか、そういうのも少しも思わない。

素敵な人と付き合うことができてるんだ、って安心した部分もある。

でも、相手が誰であろうと好きな人が誰かのものになってしまうっていう悲しみは何にも代えられないの。

 

私は応援しません。

幸せにはなってほしいけれど、きっともし別れたとか報じられたらホッとするはず。

だから応援できない。

ずっと誰のものにもならない、アイドルを天命として生きる、

愛を食べて生きる代わりに愛をあげない生き方を望んでる。

残酷だけど、そうやって生きてほしいです。

ごめんね、純粋に応援できなくて。

他担のみなさんは結構祝福してるけれど、ぶっちゃけ自担だと応援できません。

言い切るけど、私もこれが自担以外だったら祝福してた。

毎回の報道も笑っておめでとう、って言ってました。

自担は無理です。

大好きだから、好きだから、だから、応援できない。皮肉だけど。

温かく見守りながらさっさと破局しろって思うことにします。

絶対担降りはしない、女ができた如きで彼への思いは手放しません。

 

翔くん、幸せになってね。

どんな方法でもいいから幸せになってね。

翔くんが幸せなら女が泣こうがなんでもいい。

私は翔くんの幸せだけを願います。

 

以上です。

わたしを構成するもの

私は歌手の黒木渚さんが好きなのですが、

彼女の曲の中の「骨」の歌詞に

国籍や性別やあるいは肌の色や

さまざまな枠組みが私を作っている

というフレーズがあって、今日なんとなくそれについて考えてました。

(受ける大学の過去問にそのネタがあったからかもしれない)

 

肌の色で区別をつけることは悪いことだと見なされています。

が。

ポジティブに考えるとむしろ良いことだよね。

っていうかかつての先進国が酷すぎることやったってだけで、それはアイデンティティになるんだから否定されるべきことじゃない。

と私は思ったわけです。

 

受け入れられない、嫌いな部分だって自分なのだからそれを愛せるようになれたらこっちのもんだな。

嫌いな自分だって自分。

それでいいやん。

みたいな。

そこを直していくか受け入れてすべてを愛していくかは人それぞれだけど、その先は自分の判断だと思うのです。

 

あと、価値観を押し付けるのはよくないと常々思っているけれど、自分はこんなだからとか卑下することも自分の価値観の押し付けだと思うんです。

そんなあなただから良いって言ってるの。

卑下して勝手に謝られてもこっちだって迷惑よ、そのままのあなたが好きだって何回言えばわかるのよ!(笑)

人からもらった愛を投げ捨てるのは勿体無いよ。

もらえるうちに貰っとけ。

ポジティブな押し付けはあからさまで誰だって嫌がるけど、ネガティブな押し付けは無意識のうちにやってしまうから自分自身が押し付けないように気を付けなきゃと思っている次第です。

あ、でももしかしたら「ネガティブなお前が好き❤」みたいなようわからん奴もおるかもしれないな。

それはもうその場で対応するしか。(笑)

 

何をいっているかわからなくなってきたここら辺で今回は締めます。

またそのうちに。

お久しぶりです

日が空いてしまいました。

こんにちはこんばんは。

 

実は別の場所でもテスト投稿していました。

でもまあ、とりあえずはてなブログに落ち着こうかなと思い戻ってきました。

TumblrとかLINEブログとかね!)

気が向いたらそっちのリンクもはっつけますね!(^o^)

 

さてさて。

きっと私はブログに一つの事だけじゃなくて色々書いちゃうのでタイトルとか色々変えました。

一つのことについて書ける人はすごいなあ…!って実は尊敬。

私も一つのことだけ書けるようになりたーい。がんばろ。

 

まずは一つの記事については一つのネタでだね!

 

はじめまして。

今までブログを開設したこともあったけど長く続かなくて。

今回はゆるーく書きたいことを書きたい時に書いていこうと思います。ゆるーく。

始めた経緯というものは特にないです。

強いて言うならば、今までTwitterでただひたすら思ったことを落としていたからそれをまとめたりカテゴリ分け出来たらな〜って思ったことぐらい?

まぁ、気楽に書きます。スマホから書きたかったし。

多分どっかのTwitterのアカウントにはリンク貼っつけると思うけどどこにするかはまだ決めてないし、多分思ったことは全部書く気がするから、重いことも軽いことも全部。

ほんとにそれこそ気分で、だらだら〜っと書いていこうと思うので、日記のような感じで口調も定めず。

よろしくお願いします!